Authentication 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:Authenticationについて? 解決方法/評価

・CakeEmail から送信した際の X-Authentication-Warning の消し方がわからず、困っています。 サーバからメールを送信した際、迷惑メールフォルダに入らないようにする対策を現在行っています。 SPF, DKIM 等はうまく設定(PASS)にできたのですが、X-Authentication-Warning をどうやって消せばいいのかわからず、困っております。。。 メールソース内、下記のように表示されてしまっています。 (◯◯◯◯は伏せ字です。) X-Authentication-Warning: www◯◯◯◯.sakura.ne.jp: ◯◯◯◯ set sender to apache@◯◯◯◯.jp using -f -f オプションを使わないようにすれば良いということは何となく分かるのですが、どこでその設定をすればよいかわからず。。。。 英文のネット情報含めしばらく調べているのですが、解決策が見つからず、ご教授いただけますと幸いです。

・ガラケーなのにこんなメールが来ました。エラーを装った迷惑メールなのか、どなたか判断してください。 Message body Return-Path: <> Received: from lsean.ezweb.ne.jp ([172.24.80.180]) by nm29imta02.ezweb.ne.jp id <20141026090325202.MA021.8177A20@nm29imta02.ezweb.ne.jp>; Sun, 26 Oct 2014 09:03:25 +0900 Authentication-Results: ezweb.ne.jp; spf=pass reason=policy; sender-id=pass reason=policy Received: from ezweb.ne.jp (ns***_** [***.**.***.**]) by lsean.ezweb.ne.jp (EZweb Mail) with SMTP id 2F16423 for <******@ezweb.ne.jp>; Sun, 26 Oct 2014 09:03:25 +0900 (JST) To: <******@ezweb.ne.jp> From: Postmaster@ezweb.ne.jp Message-ID: <201410260003251225940145LD045@nm29lds054.ezweb.ne.jp> Date: Sun, 26 Oct 2014 09:03:25 +0900 MIME-Version: 1.0 Content-Type: multipart/mixed; boundary="==_LD045/AvIse5lYGJo=/LDS" Reply-To: Mail Administrator <Postmaster@ezweb.ne.jp> Subject: Mail System Error - Returned Mail 次のあて先へのメッセージはエラーのため送信できませんでした。 送信先メールアドレスが見つからないか、 送信先メールサーバの事由により送信できませんでした。 メールアドレスをご確認の上、再送信してください。 Each of the following recipients was rejected by a remote mail server. Recipient: <line-talk.jp@ezweb.ne.jp> >>> RCPT TO:<line-talk.jp@ezweb.ne.jp> <<< 550 <line-talk.jp@ezweb.ne.jp>: User unknown

・先日、購入したCDに特典ステッカーがついておりました。 そのステッカーに記載してあるURLにアクセスしてコードを入力すれば、特典用の曲をダウンロードできるという類のものです。 しかし、PCでURLを入力したところ、下記のような警告?がでてきてしまい、どうにも先にすすむことができません。 the sever ss-m.hetemel.jp is asking for your user name and password. the sever reports that is from DOWNLOAD. Warning:your user name and password will be sent using basic authentication on a connection that isn`t secure. どうやらアカウント名やパスワードの入力を促しているというところまでは理解できたのですが、とりあえず、PCのアカウントとして設定しているアカウント名とパスワードを入力してもエラーが出てしまいました。 このアカウント名とパスワードが何を指しているのかがわかりません。 こうした事例についての対処法をご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

・Outlook2013でメール送信すると このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。 以下の受信者にメールを配信できません: サーバー エラー : '550 5.7.1 Relaying denied. Proper authentication required.' っていうのが表示されます。これの解決方法を教えてください。よろしくお願いします。

・下記の文の意味をおしえてください。 Authentication model: NIS is implemented for user authentication on HP-UX servers. Windows 2000 servers run Active Directory service (AD), which is based on LDAP protocol.

・windows7にてエクスプローラーの停止~再起動を繰り返すようにたりました。 クリーンブートで確認したところextensible authentication protocolの停止をすると回避できました。しかし停止をするとインターネットに接続できなくなつてしまうのでどの様に対処したら良いか教えていただきたいと思います。宜しくお願いします。

・レオネットの認証が通りません。 ブラウザを立ち上げた際に出る認証ダイアログにIDとパスを入力しても、 即座に再度認証ダイアログが出てきます。 キャンセルを押すとAuthentication failed. と出てしまい途方に暮れています。 3日前にポイントを店頭で購入したため、期限切れというのは考えられません。

・これまでgoogle calender syncでOUTLOOK予定表とgoogle カレンダーを同期していましたが、2014年8月1日のサービス終了に伴い、 gsyncitに乗り換えようと各種設定を行っています。 しかし、gmailアカウント、パススワードでgoogleカレンダーmappingを設定中に、以下メッセージされ、googleカレンダーを認識しません。 これまで、google calender syncは名の問題も無く動いていましたので、原因の検討すらつきません。 何方か、ご存知の方がいらっしゃればご教授をお願いします。 unable to verify account information. Execution of authentication request returned unexpected result:407

・Visual Studio 2013 expressで質問があります。 30日間のお試し期間が過ぎたのでサインインして延長しようとしたのですが、 「proxy Authentication Required」というエラーが発生します。 プロキシで引っ掻かているようなのですが、解除する方法あるでしょうか。 こういうわけのわからないシステムのエラー、本当に苦手です。

・古川電工fitelnet f200のVPN設定についての質問です。 現状以下のような設定でVPNを確立済みです。 やりたいことは ・本社-拠点間は pppoe1 固定グローバルアドレスでipsec vpn(ポリシーベース) ・本社にファイヤーウォールがありインターネットへは別セッションでここからでる ・拠点からのインターネットへはVPNを通して本社ファイヤーウォールからでる に変更したいということです ネットワークエンジニアではないので試行錯誤ではなかなかうまくいかず、詳しい方 がいないものかと質問させていただきました。 どうするのが正しい設定なのでしょうか? 設定例サイト http://furukawa.co.jp/fitelnet/product/f200/setting/index.html !--本社 global 1.1.1.1 local 192.168.0.0/24-- ! ! LAN1インタフェース設定モード interface lan 1 ! LAN側IPアドレスを設定します。 ip address 192.168.0.1 255.255.255.0 exit ip dhcp pool lan1 ! デフォルトゲートウェイ default-router 192.168.1.1 exit ! ! PPPoE1インタフェース設定モード interface pppoe 1 ... ! 端末型接続(IPアドレスが1つだけ割り当てられる) pppoe type host ! PPPの認証プロトコル(CHAP or PAP)を指定します。プロバイダとのネゴシエーションにより決定 pppoe auth-accept auto ip address 1.1.1.1 ! NAT+の設定 ! インタフェース(PPPoE)のIPアドレスでNAT+変換 ip nat inside source list 99 interface ! マップ(VPNセレクタ)との関連付け crypto map kyoten exit ! ! NAT+変換前アドレス(LAN側アドレス)を登録 access-list 99 permit 192.168.0.0 0.0.0.255 ! デフォルトルート設定 ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 pppoe 1 ! vpn enable service dhcp-server ! ! Phase1ポリシーの設定 ! --- 1 kyoten---> crypto isakmp policy 1 ! メインモードを使用 negotiation-mode main ! Rekey動作を行います re-establish-sa rekey ! 認証方式に事前共有鍵を使用 authentication prekey ... ! 対向の拠点側F100のグローバルアドレス peer-identity address 2.2.2.2 ! VPNデータが送信されなくても常にkeepaliveを送信 keepalive always-send exit ! <--- ! Phase2ポリシーの設定 ipsec transform-set P2-DES-MD5 esp-des esp-md5-hmac ! VPNセレクタの設定 ipsec access-list 1 ipsec ip 192.168.0.0 0.0.0.255 192.168.1.0 0.0.0.255 ! 暗号化せず通過 ipsec access-list 64 bypass ip any any ! マップ名 ! --- 1 kyoten---> crypto map kyoten 1 ! IPsecアクセスリスト番号 match address 4 ! 拠点側F100のグローバルアドレス set peer address 2.2.2.2 ... ! SAの確立状態を維持 set security-association always-up exit ! <--- end !--拠点 global 2.2.2.2 local 192.168.1.0/24-- ! ! LAN1インタフェース設定モード interface lan 1 ! LAN側IPアドレスを設定します。 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0 exit ip dhcp pool lan1 ! デフォルトゲートウェイ default-router 192.168.1.1 exit ! ! PPPoE1インタフェース設定モード interface pppoe 1 ... ! 端末型接続(IPアドレスが1つだけ割り当てられる) pppoe type host ! PPPの認証プロトコル(CHAP or PAP)を指定します。プロバイダとのネゴシエーションにより決定 pppoe auth-accept auto ip address 2.2.2.2 ! NAT+の設定 ! インタフェース(PPPoE)のIPアドレスでNAT+変換 ip nat inside source list 99 interface ! マップ(VPNセレクタ)との関連付け crypto map honsha exit ! ! NAT+変換前アドレス(LAN側アドレス)を登録 access-list 99 permit 192.168.1.0 0.0.0.255 ! デフォルトルート設定 ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 pppoe 1 ! vpn enable service dhcp-server ! crypto isakmp policy 1 ! --- 1 honsha---> ! メインモードを使用 negotiation-mode main ! Rekey動作を行います re-establish-sa rekey ! 認証方式に事前共有鍵を使用 authentication prekey ... ! 対向の拠点側F100のグローバルアドレス peer-identity address 1.1.1.1 ! VPNデータが送信されなくても常にkeepaliveを送信 keepalive always-send exit ! <--- ! Phase2ポリシーの設定 ipsec transform-set P2-DES-MD5 esp-des esp-md5-hmac ! VPNセレクタの設定 ipsec access-list 1 ipsec ip 192.168.1.0 0.0.0.255 192.168.0.0 0.0.0.255 ! 暗号化せず通過 ipsec access-list 64 bypass ip any any ! マップ名 ! --- 1 honsha---> crypto map honsha 1 ! IPsecアクセスリスト番号 match address 1 ! 拠点側F100のグローバルアドレス set peer address 1.1.1.1 ... ! SAの確立状態を維持 set security-association always-up exit !<--- end

●気になる商品を検索

Error

●気になる話題を検索